2017年12月2日土曜日

業務用ビデオカメラのレンズの構え方

【2018年3月13日更新】
映画用キャメラのズームレンズには、フォーカス・ズーム・アイリスと三つのリングが付いています。そんな中、親指を上にして構えたら一つのリングしか操作できません。世界の殆どのプロカメラマンは、親指を下にして操作するので、人差し指・中指・薬指(小指も含む)で三つのリングを同時に操作でき、複雑なカメラワークを要求されてもプロフェッショナルな撮影をしています。なので、今、アイリスだけの操作であっても、人差し指で操作し他は浮かせば良いのです。先人の教えを守りより良い映像を撮りたい者は、皆、親指が下になっております。
ちなみに、この写真を見ても分かるように、指先にフィットするよう三つのリングが近いので操作がしやすくなっています。良いカメラを作っていただいたメーカーさんに感謝致します。(35mm判換算:28mm~616mm/22倍ズームレンズF1.6~F3.2)

0 件のコメント:

コメントを投稿